焼津に本拠を置くシーフードサプライヤー!

株式会社 南食品

 
 

事業内容

物流  物流の最先端へ

超低温×3000トン 鮮度・品質をコントロールする物流がある

自動倉庫を核として
高効率&高品質の流通をサポートします。

漁場から消費地までを結ぶ流通には、高度な品質管理が求められます。南食品では、マグロ・カツオの流通における品質維持のために、超低温環境下で動作可能なオートラックシステム(自動倉庫)を開発。第一工場に導入しています。12段積みの立体倉庫は3000トンの大容量を実現。自社の原料・加工品はもちろん、広く水産加工業界の保管需要に応え、物流を支援できるキャパシティを確保しました。

立体倉庫の導入でランニングコスト低減

12段積みの立体冷蔵庫により敷地面積を最小限に抑え、地価に起因するコストを低減します。また人の出入りのない自動倉庫は外気の流入を防ぎ、冷却効率を向上。エネルギーコストも最小限に抑えるなど、低コストでの保管サービス提供を実現しました。

立体倉庫の導入でランニングコスト低減

コンピュータ制御による正確・迅速入出庫

管理室から入出庫を集中コントロール。最新のコンピュータシステムにより、省エネ・省人化とともに高品質の保管、 正確な仕分け、迅速な入出庫を実現します。

コンピュータ制御による正確・迅速入出庫
コンピュータ制御による正確・迅速入出庫